★公務員試験で最も難易度が高いと言われる国家総合職とは!?★

公務員試験て最も難易度が高い国家総合職国家公務員と言っても一般職から専門職など様々な職種がありますが、難易度が最も高いと言われる公務員試験が国家総合職です。国家総合職は、通称「キャリア」と呼ばれる幹部コースであり、各省庁の核を担うエリ―ト官僚になれる職種です。したがって、難易度は他の公務員試験とは別格となります。合格者は東大や京大、そして早慶と一流大学出身生が占めています。なかでも最も合格者数は東京大学の433名であり、2位の京都大学250名の倍以上の数を誇っています。そんな優秀な受験生と競い合いう必要があるため、非常にハイレベルな試験を突破する必要があります。国家総合職は、本省と地方の転勤を繰り返して出世していくため、人間関係を各職場で構築させていく必要があります。そのため優秀な頭脳も必要ですが、協調性やコミュニケーション能力も非常に重視されます。また、日本の政策や法律に関する職務が多いため、国民を第一に考えられる道徳観や使命感も重要になってきます。国家総合職といっても様々な職種がありますが、人気が高いのは財務省、外務省、経産省などです。人気が高いということは、国家総合職合格者のなかでも優秀な成績と人物が求められるため、難易度はさらに高くなります。なので、最高学府である東大の学生でも国家総合職を目指す人は、独学ではなく公務員専門学校に通って対策を行っています。公務員専門学校のなかでは、伊藤塾やWセミナーが人気が高いようです。国家総合職は非常に難易度が高いため、全ての公務員専門学校で講座が開講されているとは限らないので注意が必要です。伊藤塾は、司法試験が強いことで有名ですが、公務員試験対策にも力を入れており、レベルの高い指導が受けられるでしょう。Wセミナーは法律系の資格を幅広く扱っており、国家総合職も昔から対策講座を開講して豊富な合格実績を残しています。おすすめは、両校の体験授業などを受けて自分に合うほうを選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です