★個別指導塾へ通う際の失敗しない選び方!最適なのは進学派?それとも補習派?★

個別指導塾といっても全国に数多くの教室が運営されているため、指導形態や運営方法も様々です。したがって、塾選びに失敗してしまうと効率よく学力を伸ばせなくなってしまいます。個別指導塾には進学タイプと補習タイプの2種類があります。見分け方は簡単で、難関校の合格実績を広告やホームページでアピールしている個別指導塾は進学タイプとなります。いっぽう、学校の成績や順位が上がったことをアピールしている個別指導塾は補習タイプとなります。受験に備えて難関校合格を実現できる得点力を身につけたい人は進学タイプの教室に通うことをおすすめします。進学タイプの個別指導塾では、難関校の入試問題を研究しており、それぞれの志望校に合った対策をしてもらえます。また、志望校合格という目標が決まっているため、学校の授業進捗度に関係なく、入試日から逆算して計画されたカリキュラムに沿って学習して行く特徴があります。いっぽう、学校の授業を理解して定期テストで良い成績を残したい人は補習タイプの教室に通うことをおすすめします。補習タイプの個別指導塾では、学校の授業に合わせて指導してもらえるため、復習に多くの時間を割いて指導してもらえます。したがって、知識の未消化を防ぎ、定期テストに向けてしっかりと準備できるため、以前よりも学校の成績を上げることが可能です。このように、現在の学力だけでなく、目的に合った個別指導塾を選ぶことが効率よく学習するためには重要となってきます。まずは、個別指導塾を探して自分に合った教室を探して、学習相談や体験授業に積極的に足を運んで体感してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です