★治験に参加して社会貢献しよう!厳格な基準で守られているから治験は安心・安全です!!★

治験とは、「治療の臨床試験」の略称であり、医薬品や医療機器の製造や販売について厚生労働省から薬事法上の承認を得るために有効性や安全性を検査する臨床試験のことです。従来は製薬会社などの企業主導で実施されてきた治験も、薬事法の改正により医師主導でも実施できるようになり、多くの治験が実施されています。また、治験は危険なイメージを持たれている人もいますが、動物を使用した非臨床試験により安全性や有効性を検討し、安全で有効があると判断されたものだけが治験を行うため、安全性の高い試験と言えます。治験を行う際は、必ずボランティアの人に治験内容と目的、メリットおよびデメリットなどを詳しく説明する義務があり、ボランティアの安全性をプライバシーが尊重されています。さらに、ボランティアの人はいつでも自由に治験から離脱する権利を保持し、今後の治療や不利益を一切被ることがないよう保証されているので安心です。以上のように治験は厳しい基準のもとで実施されているため、多くの人が参加して社会に貢献しています。治験に参加すると負担軽減費として報酬を受け取ることもができ、アルバイトよりも高額なために学生やフリーターを中心に、時間的拘束が無い人が入院を伴うなどの長期的な治験に参加しています。また、最近では特保や化粧品などの美容関連の治験も増加しており、女性のボランティアが増加しているのも特徴です。治験に参加することで、新たな治療効果が期待され得る新薬や医療機器が誕生し、多くの患者さんの負担を軽減させることができるかもしれません。献血と同じように、治験に参加して社会貢献してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です