★公務員を目指す人は試験の難易度で志望職種を決める!選定基準をご紹介!★

公務員と言ってもたくさんの種類があり、公務員試験によって難易度もバラつきがあります。だから、自分が興味のある仕事内容と試験の難易度を参考にして志望職種を絞っていきましょう。まず、公務員試験の中で最も難易度が高い職種が旧国家Ⅰ種に相当する国家総合職です。俗に言うエリート官僚への登竜門であり、東大、京大など超一流大学のライバルとの競争試験となります。そのほか、裁判所職員総合職や衆・参議院事務局職員総合職なども非常に難易度の高い公務員試験となっています。次に、難易度が高いと言われている公務員試験は、外務省専門職、労働基準監督官、航空管制官、または都庁・優良県庁職員となっています。特に、都庁や政令都市などの地方公務員は給料も高く、異動も近距離なため人気の高い公務員試験となっています。そして、公務員試験の中では最も標準難易度と言われているのが国家一般職、国税専門官、裁判所事務一般職、地方上級などです。大卒で公務員を目指す場合、多くの受験生が目指す一般的な公務員試験と言えます。難易度は標準ですが、競争率は高いので対策はしっかりとしておく必要があります。以上まで述べた公務員試験は公務員専門学校に通って学習することが効率的でしょう。なかには、独学で合格している人もいらっしゃいますが、少数派となります。公務員専門学校では公務員試験対策として筆記対策だけでなく、面接対策も実施しており志望動機などのアドバイスもしてくれるので是非利用してください。もし、独学で公務員試験を目指したいのであれば、難易度が比較的低い消防官や警察官がおすすめです。試験科目は教養科目だけでよく、年に複数回受験できるので、社会人で学習時間やお金が無い人でも過去問や参考書等で対策可能です。ただし、体力テストがあり、基礎体力が求められるので運動が苦手な人は別途対策が必要です。

公務員試験難易度はコチラ

URL:xn--55qq8au8b0zljwa854c7s6e.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です