★知っておかないと損をする?!外壁塗装の基礎知識!!★

外壁塗装の需要は近年増加傾向にあります。その理由としては以前使用されていた塗料の質があまり良くなかったこともあり、外壁塗装の耐用年数は一般的に10年と言われていますが実際のところ6~7年となっているからです。現在の塗料は耐久性に優れているものが多く、塗装の種類としてはアクリル樹脂系の塗料、ウレタン樹脂系の塗料、シリコン樹脂系の塗料、フッ素系の塗料が広く使用されており相場価格も以前に比べると安くなっています。外壁塗装を業者に依頼して施工してもらう手順はまず業者に問合せをして施工管理スタッフがご自宅の外壁状態をチェック、次に見積価格の内容を説明・提案してもらい、契約という流れとなっています。ここで気を付けておきたいことは見積りの中の項目で外壁塗装の作業をするための足場を組む費用です、外壁塗装の本体の値段を安くして見積もりを出し足場代で価格の調整を行う業者が多く見られますので、価格の面では全てを含んだ金額で判断することをおすすめします。また、各業者によりアフターフォローの内容や保証期間なども異なっているので注意が必要です。この上記2点に気を付けておけば簡単に騙されることはありません、外液塗装の見積もりはどの業者も無料で行っておりますのでまずは問合せをしてみることから始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です